治療の比較

ブリッジ・インプラント・入れ歯の違い

ブリッジ・インプラント・入れ歯の違い

歯の欠損治療には様々な方法があります。それぞれのメリット・デメリットを比較したうえで、ご自分に合った方法をお選びください。

 ブリッジ
治療方法の概要
ブリッジ

欠損した歯の両サイドの歯を削って橋渡しとし、失った歯を補う
対応する本数 数本まで
他の歯や顎に対する影響 ・まわりの健全な歯を削る
・まわりの健康な歯に負担をかけてしまう
・欠損部分の骨が痩せてしまう
審美性 自費の材料を選ぶと、優れた審美性が実現
清掃性 歯ブラシが使用でき、歯のない部分はフロスなどで対応
平均的な治療期間 2週間から2ヶ月で装着、その後は微調整を行う
メリット ・比較的優れた審美性
・噛み合わせの回復
・比較的優れた咀嚼性
デメリット ・両サイドに健康な歯が必要
・健康な歯を削る必要がある
・土台となる歯に負担がかかる
・清掃性でやや不利
・歯周病の原因になることがある
・欠損部の骨が痩せてくる
 インプラント
治療方法の概要
インプラント

歯根の代用としてチタンなどを使い、その上から人工の歯冠をかぶせる
対応する本数 1本〜全歯
他の歯や顎に対する影響 ・歯を欠損した箇所に限定した治療となる
・欠損箇所の歯肉や顎の骨が痩せやすい
審美性 天然歯に極めて近い
清掃性 歯ブラシ、フロスなどが普通に使用できる
平均的な治療期間 おおむね4ヶ月から1年だが、方法によっては抜歯したその時点で人工歯根を埋め込むことも可能
メリット ・優れた審美性
・天然の歯と同等の咬合力
・まわりの歯を傷つけない
・口内の衛生性に優れる
・治療効果の永続性が高い
デメリット ・簡単な手術を要する
・自費治療となる
・適応しない場合がある
 部分入れ歯
治療方法の概要
部分入れ歯

失った歯のまわりに留め金を付け人工の歯を装着する
対応する本数 数本まで
他の歯や顎に対する影響 ・まわりの歯に留め金をかけることから負担が大きい
・欠損部分の骨が痩せてしまう
審美性 留め金が見えてしまう(自費入れ歯の中には見えにくいものもある)
清掃性 取り外しての洗浄を行なう
平均的な治療期間 2週間から2ヶ月で装着、その後は微調整を行なう
メリット ・比較的短期間で機能が回復
・持病等があっても適応する
・比較的安価
デメリット ・清掃性でやや不利
・歯周病の原因になることがある
・取り外しての洗浄が不可欠
・異物感
 総入れ歯
治療方法の概要
総入れ歯

取り外しできる人工の歯を顎の上にのせる
対応する本数 全歯
他の歯や顎に対する影響 ・顎の骨が痩せてしまう
審美性 顎の骨が痩せやすい事から、口元にしわがよることがある
清掃性 取り外しての洗浄を行なう
平均的な治療期間 1〜2ヶ月で装着、その後は微調整を行なう
メリット ・保険適応のものは安価
・修理がしやすい
デメリット ・異物感
・取り外しての洗浄が不可欠
・外れてしまう心配がある
・固いものを食べることができない
・滑舌に影響が出る場合がある

ご予約・ご相談はお気軽に

インプラント・入れ歯・ブリッジのことでお悩みでしたら、千葉市の南町歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。